カエルの楽園

| コメント(0) | トラックバック(0)

Hyakita.jpeg 帰郷のおり友人から著書「天才」と「カエルの楽園」をもらいました。その時「天才」は2時間ほど流し読みの参考まで、「カエルの楽園」は、読んで読まなくもいいかなと言いながら渡されました。帰りの成田空港内で本屋を覗くと2冊ともベストセラーの棚に最上位に並んでましたので、どちらも読むことにしました。
 「カエルの楽園」百田尚樹氏は著書の横帶に「これほどの手応えは『永遠の0』『海賊とよばれた男』以来。これは私の最高傑作だ。全国民に問う衝撃の結末」あります。これだけで、カエルが平和鍋の中でだんだんに茹で上がってしまうのも知らず、いつまでもぬるま湯つかっている日本の現状が想像できてしまい、読むまでもない寓話とわかってしまう。
 日本国民をカエルに喩えた事にはいい気はしませんが、アニメ風にやさしく書かれた内容は、若者向けに良い啓蒙書になっています。ただ結末は(ここに書きませんが)百田さんがここまで思い詰めていたとは意外でした。百田さんの憂国と健闘にエールをおくりたい。
 まぁそんなことで、百田さんの最高傑作とは思いませんが、このような寓話に仕上げてしまう天才に敬意を表し、読んでも読まなくてもいい本として強力にお薦めです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/102

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2016年4月24日 10:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「天才」です。

次の記事は「荒城の湧水」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。