後に続く者あるを信じ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 8月15日、靖国参拝。
 この日はお盆と重なるので、私は仏壇にお線香をあげてご先祖様を通して靖国を参拝をしています。
「お国のために犠牲になった」という表現は、英霊にたいして失礼と思い「お国のために命を捧げた」ことに感謝して合掌しています。そして英霊が「後に続ク者在ルヲ信ズ」として散華した意志を引き継ぐ約束をしています。
 特攻隊は日本の民族精神のみが生み得た国民史の根源と深く結びついていた精神で、アメリカ、中国、朝鮮が最も恐れるものでした。そのためアメリカはけして日本に核武装させません。たぶん国是として各大統領の引き継ぎ要項になっているのかと思う。中国、朝鮮の反日感情も、「日本人はいざとなれば怖い」という潜在恐怖から出ていると思う。
日本の平和は戦後の憲法で守られてきたのでなく、この国民精神の御霊によって守られてきました。我々はその「後に続く者」として靖国参拝となります。 合掌

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/300

コメントする

この記事について

このページは、三休が2017年8月15日 21:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今こそ戦後の日本に謝ろう」です。

次の記事は「西朝鮮問題」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。