香港ヤムチャ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Yamcha.jpeg 最近また香港の中国化など見たくないと、海外への移民が急増しています。彼ら多くは二重国籍でいつでも脱香港の体勢にしています。学生の留学先も中国を忌避してアメリカ、台湾、カナダ、オーストラリア、シンガポールを選択しています。
 そんななか先日の出張時に1933年開店の香港ヤムチャの老舗を見つけました。味付けは手間隙かけた昔の香港味にこだわっていました。今風のヤムチャの味に慣れた人にはどうかと思うが、これぞヤムチャだという文句なしの香港の味でした。
IMG_5968.jpeg さらにこの老舗は、大陸からの旅行客をあまり歓迎していません。私は広東語を話せぬ日本人客として英語メニューを出されすべて英語で通しました。その方が中国語より歓迎されるからです。
 この老舗はオーナーも代わり以前より味の評価が落ちたようだが、それでもまだ香港の味こだわり、コロニアルの内装が南方の雰囲気をだしています。こうした空間がまだあることを発見し嬉しくなりました。
 これもやがて中国化してゆくのだろうか、もしそうなるとしたら老舗のオーナーが、脱香港の後になるかも知れない。ふんばれ香港!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/313

コメントする

この記事について

このページは、三休が2017年9月22日 01:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アメリカの旭日旗」です。

次の記事は「一蓮托生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。