新嘗祭

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_6517.jpeg 2017年のボジョレー・ヌーボで乾盃して12月を始めることにします!
 フランス新嘗祭のボジョレー・ヌーボが解禁になると、会社の人に今年の慰労をこめて贈ることにしています。今年ワインは悪天候と高温により「希少かつ芳醇」とのことです。毎年似たようなキャッチ・フレーズですが鮮度があります。鮮度だけが売りですので年が明けてしまうと泡の抜けたワイン?のようで、飲む気が失せるから不思議です。
 数年前まではクリスマスの出荷を終えると今年も一段落で、新嘗祭の乾盃をして後はゆっくりコーヒーを飲んで過ごすのですが、ここ数年はアマゾンを始めとしたネット通販のプレゼント注文が急増して、クリスマス直前まで忙しい日々になっています。来週からの2週間がピークでして、サンタクロースの気分になって感謝の悲鳴というところです。
 まぁ、この山を越えますと冬至の日本となっていますので、今年もあと一息です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/339

コメントする

この記事について

このページは、三休が2017年12月 1日 03:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マッターホルンと富士山」です。

次の記事は「チャーズ・餓死の檻」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。