中国・自転車操業

| コメント(0) | トラックバック(0)

t_dsnkhnb25gl8uceedvjg.jpg 10月22日付けのブロクで、いま中国で社会問題になっているのがレンタル自転車の使い捨て。街中の道端いたる所に乗り捨てられてゴミ山になっている。一時は刷新ビジネスともてはやされたがすぐにこのザマで、ハードが最新でもソフト・メンタルが着いて行ってないのがこの国の問題と書きました。
 果たせるかな、重慶市でレンタル自転車の「悟空単車」が倒産。ついで「町町単車」と「3Vバイク」が倒産、11月に入って「酷騎単車」と「小藍単車」と「小鳴単車」が倒産です。
 業界最大手の「摩拝単車」と、2位の「北京拝克洛克科技」が、市場シェアは95%を占め、残り5%を20社が争い、昨年は市場に約200万台の自転車を投じた。今年は10倍の約2000万台が投入する見通しだった。新商売が儲かると思うと蜂の巣を突いたように、誰もが闇雲に参入するこの拝金主義の結果、わずか2年で各都市に200万台のゴミの山です。
 どうでもいいことで「あっしには関わりのないことでござんす」が、いつまでもガサツな拝金主義に付き合わされると疲れてしまうわけです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/343

コメントする

この記事について

このページは、三休が2017年12月 8日 05:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「流転の子・愛新覚羅嫮生」です。

次の記事は「クリスマスツリー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。