乳母車

| コメント(0) | トラックバック(0)

 IMG_6713.jpeg スイス・チューリッヒまで初孫を抱きにきましたら、骨董品の乳母車のなかで寝ていました。
 この乳母車に抱かれて曾祖父が育ち、祖父が使い、父が寝たもので、そしていま孫が寝ています。かれこれ95年の四世代の歴史を持っていました。よく保管してあったと感心するのですが、今ではこんな木製の乳母車は造れません。まさにヨーロッパ文化の象徴する乳母車です。このヨーロッパ文化が、子守唄を歌うようにして初孫を受けたようです。この孫はヨーロッパ人として生きて行くことになります。
91Z1ZIpB1PL._SL1500_.jpeg 昨日は、アメリカのユナイテッド・エアーラインに乗ってスイスに向かい、機上でイギリス映画「クマのプーさん」の作者と息子の実話、「グッバイ・クリストファー・ロビン」を、日本語の吹き替えで観賞してきました(名作でお薦め映画)。この一時だけでも、アメリカ、スイス、イギリス、日本が交差しています。こんな世界にこれから孫が育って行くわけです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/364

コメントする

この記事について

このページは、三休が2018年1月26日 18:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「白根山」です。

次の記事は「安倍首相の韓国五輪出席」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。