海洋国家・日本

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_6762.jpeg 極東アジアも地政学の宿命から離れることができないようで、最近になり海洋国家と大陸国家、半島国家の色分けがはっきりしてきました。
 日本はインド・太平洋に向かい、中国は一帯一路でユーラシア大陸に向かい、韓国は旧態依然と半島事大主義となっています。
 海洋国家の歴史は、エジプト、ギリシャ、ローマを中心に栄えた地中海時代、ついでヨーロッパとアメリカを中心に世界を謳歌した大西洋時代から、アメリカと日本が戦争という大きな代償を払い太平洋の時代が栄え、ここにインドが加わり21世紀はインド・太平洋の時代の黎明期を迎えています。
 2018年はその大きな潮流のエポックと位置付けられる事と思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/371

コメントする

この記事について

このページは、三休が2018年2月 1日 23:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「太平洋の時代、スイスにて」です。

次の記事は「人工知能の挑戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。