ほんの二昔

| コメント(0) | トラックバック(0)

download.jpeg 今朝メールを開けると私の苗字の後に「学長」が付いていた。はて、私はいつから学長になったのか、まだ目が覚めずに夢でもみているのかなと思った。
 なんのことはない、私が台湾に留学した大学院からのメールで、中国語では学業の先輩を「学長」と呼ぶわけです。私はとうの昔から学長でしたーー;
 メールは研究所創立50周年祝賀会が年末に開催される案内でした。私は大学長になるので、でかいツラをして参加しようと思っています。当時は山の中腹の檻に囲まれた全寮制で三食同じ釜の飯を食べた研究所だったので、同学たちの顔が一人一人懐かしく想い浮かんできました。かつて私にも学門に没頭した時があったのですが、象牙の塔に馴染めずアメリカに渡って以来、そのまま同学たちとはご無沙汰でした。年末の祝賀会で旧懐を温めてきたく思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/382

コメントする

この記事について

このページは、三休が2018年3月 9日 00:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「神々の微笑」です。

次の記事は「絶滅危惧種の読書人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。