バプテスト(お宮まいり)

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_6875.jpeg   古希の春 孫におともし 宮まいり

 これからチューリッヒに出かけてきます。今日はプライベートな話しになりますが、お付き合いのほどを。
 チューリッヒでは、24日に初孫がカソリック教会でバブテスト(洗礼)を受け神の子として誕生します、日本でいうお宮まいりで氏子となります。まさか孫がキリストの子となるとは思いもよりませんでした。写真はスイスの田舎ターター町の実家の本家です。スイスのよさは小さな田舎町にあります。
 翌日は私の古希のお祝いパティーとなります。本来なら日本の温泉でお祝いを予定していましたが、これもまさかでスイスで古希を迎えることになりました。この日はチューリッヒの一番高い山に行き、街を一望することを楽しみにしています。

 そんなことで古希にちなんだ俳句でも思い、野暮なことに芭蕉になにか古希の名句がないものかと探しましたが、50歳で亡くなっていました。古希の名句はさすがに稀でして、しかたなく自作としました。

   ひがしにし 垣根をこえて 古希の風

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/389

コメントする

この記事について

このページは、三休が2018年3月20日 23:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「日本の難題」です。

次の記事は「誕生日に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。