2018年9月アーカイブ

曼珠沙華

| コメント(0) | トラックバック(0)

 42085288_1962894940456460_3360274222164213760_n.jpeg

     曼珠沙華 もろ手をあげて 故郷なり (真砂女)
 友人から初秋を知らせる巾着田公園の曼珠沙華が送られてきました。この日、私は右の目をプチ手術したため紅がひとしを目に染みました。曼珠沙華の素敵な名は、梵語のmaniusakaの当て字で、天上に咲く花、見る人の悪を洗い流すと伝えられていますので、きっと目の治癒にもいいのだろう。
 曼珠沙華が咲き誇る巾着田の付近は、8世紀頃に移り住んだ高句麗からの渡来人が、この地で稲作をはじめたことで、高麗川から流れ込む水田のあぜ道に咲き始めたのだろう。
 曼珠沙華とはきれいな響きだが、これが彼岸花となると秋のわびしさが漂ってきてしまう。天上と彼岸に咲く花として、初秋は曼珠沙華で、晩秋は彼岸花でどうだろうか。 
  直立のまま 燃え尽きし 曼珠沙華(林雄次)

神の道を歩む

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8009.jpeg   古池や 蛙飛び込む 水の音 (芭蕉)
 富士忍野八海で、底の抜けた透明な湧き水池を沁み入るようにのぞいた瞬時に、心境止水とはこれかと覚醒して以来、どうしたこと縄文時代から始まる古代史、古神道、古事記、大和言葉に魅かれ続けています。
 そこで本棚から春日大社の宮司であられた故葉室頼昭の講義、「神道のこころ」「神道と日本人」「神道、見えないものの力」「神道いのちを伝える」「神道、感謝のこころ」を、引き出して再熟読しました。
 5冊は第1冊の「神道のこころ」の繰り返しになるが、実に味わいの深い著書でした。これがアマゾンの古本で1円とはなんたることかですが、講義の質の高さをなんら毀損するものでないので、それはそれとして置いときます。
 宮司によると神道は宗教でなく信仰であり、信じて仰ぎ観るものとしています。森羅万象すべてが循環とバランスで調和され、神による采配であるから、我々は神に一歩でも近づくために、この道を感謝と喜びをもってひたすら歩めばよいとしています。ですから葉室宮司の論を延長させますと、この度の北海道の地震災害は気の毒なことでしたが、神国の土を外国人に買い漁られたことのによる神の警告となります。神官ですからこうして一切を神の采配に委ねていますが、私も齢を重ねたからか葉室講義を、そのまま素直に受け入れられるようになってきました。
9:17.jpeg 

インドの結婚式

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8054.jpeg 9月8日に初めてインド人の結婚式に参列しました。
 朝6時30分発の列車でボトモアー駅(メリーランド州)に9時30分着の予定でいましたら、ホームで待つこと30分、なんのアナウンスも、お詫びの言葉もなく3〜5時間遅れと言うのだからこれはひどい。アメリカのだめなところです。
 急遽、車で3時間約200キロを、医者に止められている独眼竜で運転するはめになり、やっとのことで間に合いました。
 結婚式は新郎側(弁護士)のシーク教側のセルモニーが10時30分から12時まで、その後バイキング方式のインド料理ランチ。馴染みのインド料理だが、食材が良いためか実に美味しかった。
IMG_8060.jpeg ランチの後は4時まで休憩(幸運にもこの間に大坂なおみ選手の決勝を観戦できた)。4時から新婦側(インドでは貴族、女医)のヒンドー教のセレモニーが始まり、そこで新郎が合流して8時まで結婚儀式。形式上ここで初めて新郎の目前の幕が下ろされて新婦と初顔合わせとなる。式のあとバイキングのインド料理ディナーとなり、9時からインドとアメリカのミュージックでダンスパティーが12時まで。
いや〜12時間にわたる実に長い結婚式だった。長いと聞いていたが、これほどとは思わなかった。でも、インドの多彩な文化風習を満喫できたので、時間の長さを感じさせない興味深い結婚式だった。
 アメリカのおけるインド人パワーを、実感した1日でした。IMG_8062.jpeg

大坂なおみ選手

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8085.jpeg 義理の姪がUS Open 2018 の審判をしていることから、ご祝儀にテニス帽を4点購入し、大坂なおみ選手と錦織圭選手を応援しましたら、なんと大坂なおみ選手が見事に優勝を飾り、日本人選手として初の歴史的な快挙でした。帽子はよい記念品になりました。
 テレビで生中継を観戦していましたが、テニス女王の新旧交代、やがては「ほんの小さな一番星に追われて消えるものなのです」を、感じさせる試合でした。
 それにしてもセリーナ・ウィリアムズ選手が、女王の座を追われる負け試合を感じてからのうろたえぶり、けして誉められたものでないが、あの執念の凄まじさに圧倒されました。ラケットをコートに叩き付けて壊し、主審に向かい指差して「嘘つき、泥棒」などと罵る荒れ模様は見られたものでありませんが、あの負けん気の執念が世界ランキング1位になった所以でもある。
IMG_8084.jpeg ウィリアムズ選手の負け際は美しくなかったが、大坂なおみの初々しさが救いでした;
「観客のみなさんがウィリアムズを応援していることは知っています。それなのにこのような結果になってしまって申し訳ありません。試合を見てくださったことに、ただただ感謝しています。みなさん、ありがとうございました」
「セリーナとUSオープンの決勝で戦うことがずっと夢でした。その夢を達成できて本当に嬉しく思っています。あなたと対戦することが出来て良かった。一緒にプレーしてくれてありがとう」。
 新旧世代交代を象徴するテニスの新女王誕生でした。
 これで、大阪万博誘致にも弾みがつくことでしょう。

雑木林

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8027.jpeg 右目を少々痛めてブログを1週間も空けてしまった。
まだ左目のスペアがあると軽く見ていましたら両眼でペアーの対になっていました。夜は光が拡散するため読書と運転は控えています。
IMG_8038.jpeg そんなことでこのところ目の保養と避暑をかねて公園脇の雑木林のなかを散歩しています。雑木林は原生林に近くたぶんインディアンもここまで踏み込んでいなかったと思う。日本ですと入り口に道祖神かお地蔵さんを祀ると思うが、散歩コース地図版が立っているだけで神秘性を感じない。からまつの林もなくアメリカらしい雑木林、ここらが歴史が浅さなのだろう。
 ここではエリアンがコンフーして小路を塞いでいました。一つだけ神秘さを感じたのは、突如どこから来たのか1つだけ大石の一部が、小路から突出していました。
IMG_8029.jpeg

このアーカイブについて

このページには、2018年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ