大坂なおみ選手

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8085.jpeg 義理の姪がUS Open 2018 の審判をしていることから、ご祝儀にテニス帽を4点購入し、大坂なおみ選手と錦織圭選手を応援しましたら、なんと大坂なおみ選手が見事に優勝を飾り、日本人選手として初の歴史的な快挙でした。帽子はよい記念品になりました。
 テレビで生中継を観戦していましたが、テニス女王の新旧交代、やがては「ほんの小さな一番星に追われて消えるものなのです」を、感じさせる試合でした。
 それにしてもセリーナ・ウィリアムズ選手が、女王の座を追われる負け試合を感じてからのうろたえぶり、けして誉められたものでないが、あの執念の凄まじさに圧倒されました。ラケットをコートに叩き付けて壊し、主審に向かい指差して「嘘つき、泥棒」などと罵る荒れ模様は見られたものでありませんが、あの負けん気の執念が世界ランキング1位になった所以でもある。
IMG_8084.jpeg ウィリアムズ選手の負け際は美しくなかったが、大坂なおみの初々しさが救いでした;
「観客のみなさんがウィリアムズを応援していることは知っています。それなのにこのような結果になってしまって申し訳ありません。試合を見てくださったことに、ただただ感謝しています。みなさん、ありがとうございました」
「セリーナとUSオープンの決勝で戦うことがずっと夢でした。その夢を達成できて本当に嬉しく思っています。あなたと対戦することが出来て良かった。一緒にプレーしてくれてありがとう」。
 新旧世代交代を象徴するテニスの新女王誕生でした。
 これで、大阪万博誘致にも弾みがつくことでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/456

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2018年9月10日 23:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「雑木林」です。

次の記事は「インドの結婚式」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。