白村江の戦い

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8052.jpeg  朝いち窓を開けると小鳥より先に虫の音が聴こえてきます。どこからか風呂場にまで進入してきました。
 ここ1ヶ月あまり右目を痛めていまして、9月18日にプチ手術をしました。目医者から「ライトアイか」と聞かれ、「Yes, right eye but not right」(右目だけど、正しくない)と駄洒落ましたら、付添いが冷めた顔で冗談を言っている場合ではないと「駄目」だしでした。
 そんなことでしばらく片目で読書していましたが、いよいよ辛くなってきたのでユーチューブの動画を、音声だけ聴いて古代史の復習をしていました。飛鳥時代の東アジア情勢、中国の随から唐王朝、朝鮮半島の高句麗、百済、新羅の三国の鼎立、そして大和、百済 VS 唐、新羅の「白村江(はくすきのえ)の戦い」が、今日の情勢と実によく似していることに驚いています。
 歴史から学べとよく言われますが、人間集団のやることは地政学と切り離せぬようです。朝鮮半島は古代から外国勢力を、半島の内紛に引きずり込むことを繰り返してきています。日本にとって半島は地政学的に鬼門のようですので、くれぐれも外交政策を誤らぬよう注意が必要になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/460

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2018年9月23日 09:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「曼珠沙華」です。

次の記事は「3C、三種の神器」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。