日本を取り戻せ

| コメント(0) | トラックバック(0)

81YKWomRE9L.jpeg 年頭の読書は「日本国紀」の副読本からはじめました。
 読むのは「まえがき」と「あとがき」だけの読者ですが、産経新聞出版でしたのでご祝儀買いでした。
 流行作家の百田さんはここにきて憂国の士に変身してきまして、当初に私が思っていた以上に真剣勝負で取り組んでいました。三島由紀夫が昭和と殉死した後、平成でさらに劣化した日本、このままでは消滅してしまうと、三島の憂国が百田さんに憑依したかのうように「憲法に身体をぶつけ」はじめました。
 今年は百田さんを応援して行きます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/506

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年1月 3日 23:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「迎 春」です。

次の記事は「御来光」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。