春節 クンバハカ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 朝5時半に起きてシャワーしてから朝の行修をやっていますが、外はまだ明けずに暗く、温度は零下4度から16度の日々になっています。
 室内温度20度での行修ですから、30分もしますと汗がにじみでてきます。この外気と内気のコントラストに爽快さを感じています。
 今日の天風会のメルマガ「一日一話」は、クンバハカのやさしい練習法が掲載されていまして、あらためて参考になりました;

▼天風式クンバハカ法を習慣化するコツ
「天風式クンバハカ法」の習慣をつけるのに
いちばんいい一石二鳥の方法がある。
日に何千回でもいいから、
深呼吸をすることを稽古なさい。
深呼吸は出すだけ。深呼吸なんだから、
「呼」のほうから先におし。

そのときに、肛門は締めておいて、
肩だけ落として、腹のほうは考えないで、
息を出すだけ出しちゃう。
出しちゃって、出し切ったなと思ったときに、
改めてまた肛門を締めて、肩を落としておいて、
息を吸い込む。
いっぱい吸い込んだときにおなかにぐっと力を
入れて、そしてまたハーッと出す。
一度に二回か三回でよろしい。
日に何千回でも、意識的にそれをやってみる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/522

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年2月 7日 07:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「節分 文明の大潮流」です。

次の記事は「永遠の天皇」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。