小狸の木登り

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9149.jpeg 公園を散歩中に蝉にでも化けたつもりの小狸が樹にしがみついたまま、登ることも、降りることも、近づいても逃げることもできずにいた。狸の木登りとはいきなもんです。公園で鹿、兎、リスはよく見かけますが、狸は初めてでした。
 小狸はサングラスをかけた私を、同類の狸オヤジと勘違いしてか、「僕どうしたらいいの」とジ〜と私の顔を見ているしぐさ、まるで落語の世界で苦笑い。
 先ずドジな小狸をスマホで撮らえてから、「しばらくそのまま貼り付いて狸寝していろ」と、触らぬ狸に祟りなしと通り過ぎました。
 小狸はきっと「狸オヤジめ、スマホで撮っておきながら僕を化かしやがった」と思ったことだろう。
 6月の終わりに小狸と一期一会でした。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/587

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年6月28日 02:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「パステルの花」です。

次の記事は「稲盛和夫氏の「心」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。