出チャイナ記 Exodus

| コメント(0) | トラックバック(0)

 さて、6月に入りました。
 アメリカはここにきてナショナリストだけでなくグローバリストも米中貿易戦争(打倒共産体制)に参戦してきました。中国共産党はその両側から攻撃を受けることになります。ある意味でアメリカと中国は世俗的で拝金主義なところが似ていますので、グローバリストに近親憎悪の感情があるのでしょう。
 経済も外交もわからず権力闘争しか知らない時代錯誤の指導者をもつと国を危うくします。日本もつい最近「民主党政権の悪夢」があったことだし、他山の石としたいものです。
 自社も6月から鮮明に出中国に舵を取り生産体制を台湾に移します。移転プロジェクトは昨年から始めたことですが、私が今年になってアジアへ出張できないために遅れていましたが動き始めました。学者、評論家、コンサルタントは、中国現状を分析をしますが、経営者はそれらを参考にして行動しマネイジメントします。
 そして、現在の状況を大きな商機にマネイジして行きます。40年前に仕方なしに台湾から大陸に工場を移転、そしていま再び台湾に出戻りです。台湾に基盤を残して置いたので、直ぐにこの潮流に乗り激動をチャンスにして行きます。何事もプラス思考で積極一貫です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/576

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年6月 1日 23:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「令和元年5月」です。

次の記事は「天安門事件30周年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。