香港加油(頑張れ)!

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN2258.jpeg       (船上から香港、マカオに降り立ち革命に向かう孫文)
 6月4日のブログに「天安門事件」を書いた折、地政学的に「近代中国の革命は南から火の手が起こり北上して燃え広がっています」と香港魂を讃えた時には、香港の自治権剥奪の「逃亡条例(送中)改正案」の反対デモが、返還後最大規模103万人になるなど想像もしていませんでした。香港の人がここまで自由、民主を守る為に必死なことが、世界に伝わったと思う。
wor1906120020-p1.jpeg 今日12日にこの法案が審議され通過されるので、多くのデモ隊が政府庁舎を取り囲んで結集しています。なかにはハンガーストライキに入っています。これでも中国共産党は強行採決するのか審議延期なのか、さてどうなるか。中共とその傀儡はなんでここまでやるのだろう。
 私にとり香港は中国出張の往き帰りに立ち寄るオアシスでした。いつもここでホット一息つけました。自由とはいいな〜と、この開放感はなんとも言えないものでした。香港の自由なオアシスを維持したいものです。同時に日本も中国共産党の一握りの傀儡を使う文化工作の狡猾さをよく見ておくことです。

 補記:中国で12日、NHK海外放送が香港で起きた大規模デモに関するニュースを報じた際、例によって画面が真っ黒になり放映が中断された。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/582

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年6月13日 00:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「折れない心」です。

次の記事は「習近平の敗北」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。