浅間山

| コメント(0) | トラックバック(0)

afr1908070025-p1.jpeg  「浅間の悪戯 鬼の押し出し」(上毛カルタの歌はじめ)
 昨晩10時過ぎに浅間山で噴火が発生し、噴煙は火口縁上1800mを超えたとのこと。
 群馬の我が家の窓から浅間山が遠望でき、ド〜ンという地響きを聞くと2階に駆け上がり吹き上げる噴煙を眺めたものです。10歳の時には火山灰がふった記憶もあり、浅間の噴火には特別の思いがあります。
 私にとり故郷の山は妙義山とその背後にそびえる浅間山でした。日本を離れてからはいつしか富士山にとって代わりましたが、今でも私の脳裏には浅間山と富士山が二重に映しになっています。もっとも古語で「あさま」とは火山でして、富士山の神を祀り鎮めるのが浅間神社でしたからこの成り行きは自然だったのかと思う。
  吹き飛ばす 石も浅間の 野分かな (芭蕉)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/599

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年8月 8日 04:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「夏の騎士」です。

次の記事は「立秋 8月8日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。