立秋 8月8日

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9339.jpeg 朝目が覚めると電子音のノイズが聞こえるので、どこからかと耳を傾けたら外から聞こえてくる虫の音でした。
 「え、もう虫の音かいな」と思いカレンダーを見ると立秋でした。自然は正直なものです。庭のホウズキも赤みを帯びていました。
 我が家に26年間働いてくれたお手伝いさんが今月で辞めることになりました。ニューヨークの自宅から3時間かけて来てくれ、日曜日の夜から金曜(最近は木曜)までお手伝いしてくれていましたが、さすがに齢には勝てず両足の痛みで通えなくなり、これからは旦那さんと息子夫婦と余生を過ごすことになりました。
 26年間も住み込んでくれたのに、私は台南から移民した彼女の英語名だけで、漢字名も住所も履歴もプライベートな事をほとんど知らずに今日まで過ごしました。お互いに信用しながらも距離を置いたことが、長く続いた要因だったと思う。ただ私の力量不足で、律儀ないい人でしたが最後まで心配性、取り越し苦労の性分を治せなかったことです。彼女の前に3年ほど働いてくれた実の姉さんは、台湾へ帰国する引き継ぎの時に、我が家に来て「何にでも感謝すること」を学びました言ってくれましたが、今回はどうかな。私らと一緒に歳をとった彼女に感謝を持って退職を祝福します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/600

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年8月10日 10:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「浅間山」です。

次の記事は「鶴に乗って脱亜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。