ノーベル賞の裾野

| コメント(0) | トラックバック(0)

sentina.jpeg 長いこと商品開発に携わっているとノーベル賞も意外に身近なところにある。
 私の畏敬とする産業革命家アップルの創業者ステーブジョブスだが、けして彼だけ単独で特出したわけでなく、その裾野にはLED白色光源を可能にした青色発光ダイオードでノーベル賞の中村修二氏や今回のリチゥムイオンを開発した吉野彰氏などたくさんのパーツ製造者がいます。彼ら累積された研究なくしてアップルiPhoneは生まれなかった。ステーブジョブスの天才性は、これらの超最新のパーツを集結させて商品化したことにある。
 私らも小さな商品開発ですが、パテントの規制に苦労しながらいち早くアメリカ市場に白色LEDのパーツや発火の危険性を考慮しながらリチゥムイオン使用していました。ノーベル賞とはほど遠いところにあるが、パーツ使用面では意外に身近なところにありました。だから面白くていまだに商品開発をやめられない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/617

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年10月10日 01:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「傷だらけの香港」です。

次の記事は「虚勢は虚弱を表す」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。