長いこと世話になったな

| コメント(0) | トラックバック(0)

10728000777343.jpeg 台風19号だけでなく天災の犠牲者にお年寄りが多い。
 福島県いわき市に住む共に86歳の老夫婦、水が自宅に押し寄せ妻の目の前で足腰の不自由な夫が溺死。妻もベッドの上に立ったまま首まで泥水つかりながら救助されたという。
 12日夜に寝室で布団を並べて寝たが、13日未明に妻がトイレに起きると布団の下がぐっしょりとぬれはじめ一気に水位が上昇。妻が夫に「体冷えるから、早くこっちに来て」、「しっかりして!」と、手を握りベッドに上げようとしたが、水につかった夫は体に力が入らず、ぐったりしたまま「長いこと世話になったな」と言い残して泥水に沈んでいったという。救助された妻は「夫婦は2人でいるのがよいこと。1人で生活していかなくてはならず、つらい」とつぶやく。
 結婚生活59年、2人の娘にも恵まれた夫の最後の一言が、私の胸を強く響く。どの夫婦にもいずれは離別の時が来る、犠牲者を美談にしてはいけないが、老夫婦の慈愛に身がつまされる。
 さて、私も明日から45年連れ添った妻と一緒に、ふるさとの富岡と台南に感謝の旅に出かけてきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/621

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年10月18日 01:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「平壌「三無試合」」です。

次の記事は「天皇陛下万歳」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。