ロイヤルカット

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9711.jpeg 昨日10週間ぶりに2回目の坊主刈りに行ってきた。
 丸坊主ならどこでやっても同じだと思い、会社近くの理容室に行って刈ってもらった。驚くなかれ頑固な石頭ゆえアメリカの理容室はこれが初めてのこと。
 軍隊上がりの腕に入れ墨のあるアメリカ人理容師にお世話になった。シャンプーも髭剃りもなく、頭皮まで刈られてしまうのではと思うほど荒いバリカンでのカットだが、とても丁寧にやってくれましたので、料金15ドルでしたが弾んで20ドルやってしまいました。
 2014年に開店でして、出勤時に毎日この前を通りお店の「ロイヤルカット」看板の心意気がいいので寄ってみたが、なるほど設備も日本に比べ40年遅れで実にロイヤルでした。今どきアメリカではロイヤルなど死語に近い。
 これで私も40年遅れのロイヤルヘッド!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/634

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年11月21日 00:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「初冬の朝」です。

次の記事は「ボジョレーヌーヴォー'19」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。