反日種族主義

| コメント(0) | トラックバック(0)

81+6IlXxZKL.jpeg 数年ぶりに月刊「文藝春秋」を手にした。内容が左に偏りすぎたので定期購読をやめていたら、いつの間にか軌道修正したらしく読み応えがあった。「高倉健との17年」こんな愛の形もあるのですね〜。
 それに同じ文藝春秋社から出版された韓国で10万部売れたという「反日種族主義」日本語版のご祝儀もあった。内容は読まなくもだいたい察しがつくが、韓国においては、よくぞ、ついに、出ました快挙版。歴史学者魂の勇気の要ることでした。
61rPVCaQvoL.jpeg 私の知る範囲の韓国の友人を通じ、彼らはそれほど幼稚ではない、経済力に比例して早く成熟しろよと思っていたので、彼らの克韓の良心に喝采を送りたい。明日の東亜はこうあらねばならない。
 それに引き換え日本の「反日桜族主義」には呆れるばかり。彼らのレベルの低さはどうでもいいが、日本人がこよなく愛でる桜にケチをつけるな。彼らも馬鹿な事を承知でやっているのですかサクラです。いい加減で成長しなければ桜散るとなる。
 明日から機上に「文藝春秋」を持ってスイスへ出発です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/636

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年11月26日 04:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ボジョレーヌーヴォー'19」です。

次の記事は「想像力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。