上野「時の鐘」

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9879.jpeg        「花の雲 鐘は上野か 浅草か」(芭蕉)

 毎朝6時になると私が常泊しているホテルに、何処からか鐘の音が聴こえてきます。あの鐘の音は上野か浅草か、芭蕉の前期の句でノリよく詠んだ秀作とされています。
IMG_9882.jpeg 今朝は散歩がてら芭蕉が詠んだというこの鐘を突き止めました。芭蕉はここで「時の鐘」を聴いたことになります。そして、ここから数十歩離れた所に、天風師が百年前に辻説法をはじめた樹下石上が在ります。
 芭蕉が聴き、天風が聴き、いま私が聴いています。そしてまた誰かが聴くとことになります。代わる者と不易なものと、時の流れもいいものだな〜としみじみ感じたしだい。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/643

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年12月18日 10:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「素粒水」です。

次の記事は「一陽来復」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。