一陽来復

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9897.jpeg 冬至は1年で最も陽が短い日、この日を境に太陽が来復してきます。
 天照が天の岩戸から出て来た日であり。キリストの生誕降臨の日であることから光の子になったとされています。中国では納骨の開眼供養日になっています。
 私は今年ほど真冬の一陽来復、光の復活の願ったこともありません。

 「この光こそは、わが命と宇宙霊とを、確実に結びつくくろがねの鎖である」(天風)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/644

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2019年12月25日 11:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「上野「時の鐘」」です。

次の記事は「ゆく年くる年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。