2020年1月アーカイブ

輝く群馬の星

| コメント(0) | トラックバック(0)

83536759_2526096190947321_6569558508260294656_n.jpeg ソシャールなぐんまな人々のFacebookで「輝く群馬の星」の写真を見つけました。
 昨年、仕事納めの前日にちょっとした会合で初めて群馬県庁を訪問して来ました。
 ついでに153メートルという日本一高い県庁舎の32階展望台から上毛三山を遠望しました。先日故人となった中曽根康弘氏が、若かりし頃に自宅のテラスに登り上毛三山を眺めて大志を懐いたという風景を眺めてみました。なるほどいい光景ですね〜、すっかり里心がついてしまった。
 それにしてもなぜこの未開地にこのような高層ビルなのかと思うが、都道府県魅力度ランギングの強敵、栃木、茨城の県境を、上から見張るためか。頑張れぐんまちゃん。
 それにしても下のJRポスターはひどい(T_T)、、、そうだ!群馬に帰ろう。500x338xbc4934ae89f9296f861f16a6.jpegちなみに、写真の左に見えるスカイタワーより群馬県庁のが高いぞ!!
県庁から関東平野が一望できる。

感謝教

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_8989.jpeg このところ日本に出張しますと夜遅くまで飲み歩くより、その時間があればマッサージ師にお世話になることが多くなりました。
 私の知人に80才過ぎた方が、船や飛行機の待合時間が30分もあれば即マッサージしていました。当時それを呆れて見ていましたが、最近になり理解できる齢になってきたようです。
 そんななかマッサージ師から得ることもあります。6年前には肌の感触からか、「もっと水を飲みなさい」と一日2リットル+の「飲水法」を勧められたり、天風フアンに出会ったりしました。なかには指圧中に休みなく霊的な説教するので、聞いたら学会の人だったりです(こりゃたまらない)。
 つい先月のこと「腰から左足の指先まで少し痺れるので」とお願いしたら、いきなり「マッサージする前に痺れるまで頑張って働いてくれた足に先ず感謝しなさいよ」ときました。なるほどね〜これには参った。
 そして全ての話が、今の仕事に、雨にも、花にも有難うの感謝、感謝なので、この人どこか頭がおかしいのか、それとも感謝教徒なのかと聞きましたら、正常でどこにも所属していないと言うのに2度びっくりです。こんな風ですから得意客がたくさんで忙しく、たまたま空きがあり私が当たったようで、これにも有り難いと感謝です。一期一会でたぶん会うこともないと思うが、私も有り難神に感謝です。
 やはり少しおかしいのかなと思うのですが、世の中に居るんですね〜こういう素晴らしい天然の感謝教徒が。これ以来、私も足に感謝する毎日です。

仕事始め

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0049.jpeg 10日ラスベガスCESでSONYのAI自動運転車を見学、あのソニーがね〜、パナソニック、サムソンもこれに続くのかな。他の家電展示場は5Gとロボットの競い合い、こうした変化の速さにただただ翻弄気味。
 11日にラスベガスから戻る機内で、台湾総統選挙で蔡英文が再任のニュースでした。地政学的に台湾はこのまま台湾として積極的現状維持となりひとまず安堵。
 翌12日の当地ニューヨークの天気は、朝の6時から19度、日中が20度で真夏のような青空。1月にこの暖冬どうなっているのか、こちらにも翻弄気味でした。

CES国際見本市

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9998.jpeg 9日から3年ぶりラスベガスCES展示会の後半に出張することにしました。会社は出展していたが、私は無沙汰していました。
CESも様変わりしトヨタがスマートシティー構想の発表で参入、ソニーが自動運転車を発表するという。令和になり日本勢も元気を取り戻しているようです。私も彼らから刺激を受けて来ます。
 私の今回は"Maid in Taiwan"の生産状況の確認となっています。米中貿易戦争の趨勢を見ながら生産地をどこにするか難しい選択になっていて、こうした微妙な時期はネットのメールだけでは判断できず、やはり現場を見ることが必要となります。今回のCESで打ち合わせさた後、近い内に工場巡りを予定しています。
 さて、今年も飛びます!

感謝新年

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9999.jpeg 昨年9月に長年の連れを亡くし、なんとか連れ無いそぶりをして来ましたが、心身ともにボディーブロー的な強い衝撃を受けました。それでもお陰様でノックアウトされることなく、すべてに感謝し「百ヶ日」をかけて立ち上がりました。
 2020年から気楽な生活を棚上げし、当面は会社の現役に復活して精進する所存です。
 そんな今年の初夢は、数年後に桜吹雪のふるさとサライの空へ、赤絨毯の道を歩いての帰国となっています。
 どうぞ皆さまよいお年をお迎えください。
 本年もよろしくご指導のほどお願い致します。
                    

このアーカイブについて

このページには、2020年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ