輝く群馬の星

| コメント(0) | トラックバック(0)

83536759_2526096190947321_6569558508260294656_n.jpeg ソシャールなぐんまな人々のFacebookで「輝く群馬の星」の写真を見つけました。
 昨年、仕事納めの前日にちょっとした会合で初めて群馬県庁を訪問して来ました。
 ついでに153メートルという日本一高い県庁舎の32階展望台から上毛三山を遠望しました。先日故人となった中曽根康弘氏が、若かりし頃に自宅のテラスに登り上毛三山を眺めて大志を懐いたという風景を眺めてみました。なるほどいい光景ですね〜、すっかり里心がついてしまった。
 それにしてもなぜこの未開地にこのような高層ビルなのかと思うが、都道府県魅力度ランギングの強敵、栃木、茨城の県境を、上から見張るためか。頑張れぐんまちゃん。
 それにしても下のJRポスターはひどい(T_T)、、、そうだ!群馬に帰ろう。500x338xbc4934ae89f9296f861f16a6.jpegちなみに、写真の左に見えるスカイタワーより群馬県庁のが高いぞ!!
県庁から関東平野が一望できる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/653

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年1月17日 05:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「感謝教」です。

次の記事は「幸田露伴「努力論」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。