今日はマンガチックなお話

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0229.jpeg 中国共産党系の英字紙チャイナ・デーリーが25日付社説で、日本と韓国の武漢肺炎の措置が「不足」し「行動が遅く」「ほとんどが後手で信念を欠いている」と懸念を表明。
 その上、コロナウイルスの逆流を警戒し、日韓からの全訪問者を14日間隔離だという。非はこちらにあるようなお説教。この白々しき厚顔さ、同じ事を世界に向けて言ってみろ。彼らは責任を他に押し付けても詫びるということをしない。詫びることは敗者になるからだ。
 彼らの面子とはいえ日韓をこの程度の格下にしかみていない。韓国はともかく、ったく踏んだり蹴ったりのギャグマンガで日本も舐められたものです。それにしても韓国での大感染が、イエス教会内とは皮肉なものです。宗教を否定する某国の陰謀かな^^;。
 話は変わるが、今日は武漢騒動以来の初荷が空輸にて入庫となり欠品にならずにすんだ(でも14日間はこのまま在庫)。工場側もいつ出荷できるかわからないと言っていたが、よくこんなにも早く届いたものである。聞くところによると人の往来は禁止されているが、荷物の運輸は優先されているという。彼らも経済的なダメージを極力小さく押さえようと必死のようです。
 一方、我々側も入庫の際に、手袋、マスク、帽子を着用し、手と荷物をアルコール消毒しました。幸い今日は10度の春雨に洗われた。これで中国共産党から「不足」とお叱り受けずに済むだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/669

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年2月26日 02:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「武漢閉鎖1ヶ月」です。

次の記事は「2、3週間がんばろう!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。