習近平殿面下げて日本へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0246.jpeg 産経の特報だが、習近平の訪日は延期になったようだ。
 安倍首相の強運はまだ残っていて首の皮一枚で救われた。もっとも、2月中旬の時点で習近平の訪日は無理とわかっていても、外交交渉とはここまで建前と面子を重んずるものなのだろう。まぁいいことでして、これを機会に真剣勝負の立ち合いの間を修正すればいい。
 何度もブログに書いてきましたが、私の対中国車間距離外交の持論「保持距離、以此安全」ですが、これまで中国に接近し過ぎた内閣は短命に終わっています。田中角栄然りです。
 これはアングロサクソンが日中友好など決して許さんからです。私は日本の宿命としてこと対中外交に関しては、アメリカ外交の後追いでいいと考えている。今回ももし29日の時点で習近平の訪日を決めてたら、翌日トランプ大統領は武漢ウイルス感染拡大を理由に、日本も入国禁止措置を発表したであろう。
 そうわならぬと思ったが、今日、近くに住む姪が臨月になることもあり、また従業員のために非常食を用意した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/673

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年3月 1日 03:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「心の安定を失わぬこと」です。

次の記事は「パンドラの箱(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。