オードリー唐(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

スクリーンショット-2020-02-29-11.44.43.png 重複になるが昨日のブログに「パンドラの箱が開き、あの悪夢の文化大革命が半世紀ぶりに再び待ち受けている。しかも、今回は世界を巻き込んでの文化大革命となる。すでに台湾からその狼煙が上がってきた」と書きました。
 いつの世も国家の危機や変革の時に英雄が現れるものだが、今回の武漢ウイルス感染騒動の中で、台湾政府の俊敏な動きと見事な対応が、世界の注目を集めています。
 その蔡英文総統の支持率急騰を支えるスタッフの中に、38歳の天才プログラマーであり、ITデジタル担当大臣のオードリータン(唐鳳)がいます。今日は彼いや彼女について書いてみたい(本人は性別を「無」してるので唐にします)。
 私は従前から「PCのデジタルで育った世代から天才が続出し、古いアナログ世代を駆逐して行く」と言ってきましたが、いよいよそれが現実となりました。
 唐のIQは180というが、唐自身はそんなことは世の中に出れば意味がないとさりげなく受け流し、普通の脳の持ち主ならば、携帯PCで誰もがIQ160まで簡単に行くと言っています。これは私がIT世代に天才が続出する根拠としているところですが、今回新たに知ったことはIQ180と160の20の差が大きいということでした。これは余談ですが、唐の身長は確かに180センチのようです。
 唐は中学を卒業しドイツに留学し、19歳でシリコンバレーでソフトウェア会社を起業。2019年にアメリカの外交専門誌「フォーリン・ポリシー」で、グローバル思想家100人に選出されています。
 その唐の得体の知れない思想が面白い(唐とう時間となリまして、この続きはまた明日に。続)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/675

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年3月 4日 02:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「パンドラの箱(1)」です。

次の記事は「オタク唐(3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。