遥か遠く武漢から我が街へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

3.14.jpeg  武漢ウイルスが我が街まで来ました。40代の人だという。
 我が街はニューヨーク郊外の通勤地区になっているので、おそらくNYからの感染かと思う。隣街もすでに全家族が感染している。いよいよ身近に迫ってきました。私は従前から心の免疫力を強化してホジティブに生活していますが、武漢肺炎だけはネガティブの陰性にしています。
 世界中が武漢肺炎のパンデミックの最中になのに、中国共産党は早くも責任転換のプロパカンダをはじめました。「武漢肺炎を封鎖し勝利させた偉大なる習近平に感謝」、「武漢肺炎がどこから来たのかもわからない」、「隣国にも援助の手を差しのべ、イタリアにも医療支援隊を派遣して感謝されている」、「中国は巨大な犠牲を払って全人類に貢献した。世界は中国に感謝しなければならない」。
 こんなバレバレの幼稚な隠蔽大プロパガンダだが、それを承知の上で情報操作です。どこまでも厚顔の中国共産党の情報工作は、武漢ウイルスよりも数倍に要注意。文化工作の浸透に「NO」と言えないナイーブな日本など、いとたやすく属国にされてしまう。二階に登って梯子を外される。
 マキャベリの名言「隣国を援助する国は滅びる」。日本は中国情報ウイルスに対し徹底的に免疫力を強化すべきだ。
    闇ふかし 隣は何を する人ぞ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/682

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年3月16日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「花より武漢」です。

次の記事は「God bless America」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。