義和団と八カ国連合

| コメント(0) | トラックバック(0)

800px-China_imperialism_cartoon.jpeg  中共ウイルス騒ぎで1900年に起こった義和団の「扶清王朝滅西洋」事件を連想してしまう。
 押し寄せる西洋列強に義和団が20万の大軍を率いて北京と天津を占拠し、キリスト教会を焼き払い、鉄道や電信を破壊し、外国人を次々に殺戮する暴挙に出ました。清王朝がそれに便乗してイギリス、フランス、オーストリア、ロシア、日本、アメリカ、英領インドの8カ国に宣戦布告した事件です。
 清王朝の宣戦布告に対し、近代化された八カ国連合軍の軍備に義和団はあっけなく鎮圧され、中国は植民地の分割が進み、挙げ句の果て清王朝は滅亡を加速させた屈辱の歴史でした。
 この事件に現在の単語を入れ換えますと、習近平の中国の夢は2050年に復興中華帝国「扶中共王朝滅西洋文明」です。今回は生物兵器は過失流失とはいえ、グローバル経済として侵出した八カ国が軒並みに打撃を受けました。中国にとっては義和団事件屈辱のリベンジです(本音ではザマを見ろくらいにしか思っていない)。
 かくして再び八カ国連合軍が反撃を開始します。ロシアまで4月24日に米ロ共同声明を出しています。ロシアは状況の勝敗を見定めて120万の中国人を元満州国境に強制送還させました(かつて日本の敗戦が鮮明になってから満州を進撃したように)。さてどうなることか。中共はこのままでは現政権が持たないだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/704

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年5月 3日 07:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「公園開放!」です。

次の記事は「あまびえ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。