魂の燃焼へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

81DtSFZdWRL.jpeg  6月の事始めは「魂の燃焼へ」執行草舟/清水克衛の対談からはじめました。
 いつ頃からかほぼ毎日「本のソムリエ」のメルマガが送られてくるのだが、その人が「読書のすすめ店主」の清水克衛氏とは知りませんでした。「本のソムリエ」素敵な名前です。
 そのソムリエと本を魂の糧としている執行氏の対談ですから、主軸が本の読み方、選び方になっていました。本好き2人ですのでかなり盛り上がった内容でした。5章の「目覚めよ、日本人」は、今のご時世に一読のお薦めです。
 執行氏は対談ですとわかり易く、氏の説く「魂」が理解できました。本のソムリエが言うように「執行さんの存在は最後の光」なのだろう。日本にこんな人はもう出ないだろう。
 ともあれ中共ウイルスの自粛中は、執行氏の著書で過ごし、もうそろそろ打ち切ろうと思いながら、また一冊「風の彼方へ」を購入してしまった。来週に配本予定、これで本当に打ち止めにしたい。

 今日から通常の仕事に復帰しました。有り難いことに6月前半は超多忙になっています。さて、6月を始めました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/718

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年6月 1日 10:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レクイエム香港の自由」です。

次の記事は「宇宙パワーにアクセス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。