宇宙パワーにアクセス

| コメント(0) | トラックバック(0)

71PpuVvmb2L.jpeg 仕事の合間に「宇宙のパワーと自由にアクセスする方法(実践編)」を読んでみた。「アクセス」の語彙が気に入り、新刊と思って購入したが1914年出版でした。
 インド人の宇宙観と瞑想法はいつでも面白い。著者は1日2回、朝夕20分の瞑想を勧めていました。瞑想の目的は、己の魂を宇宙パワーにアクセスすること。「瞑想で得た直感的知性は、理性的思考の世界にあるどんなものより正確で明確です」と説いています。
 最終章パート5の「あなたの幸せの見つけ方」は、爺々と孫娘との詩的な対話から始まり「星の王子さま」を彷彿させます;
 「幸せの風は常に吹いている。あとは私たちが帆をあげるかどうかだ(ラマクリシュナ)」。
 「君が果物や野菜を食べる時、それは太陽や星や月の光がつくった食べ物を食べているんだ。君がごはんを食べる時、君はその星たちの光を取り込んで体を作っているんだ。全部光からできているんだよ。君は光の存在なんだ。君の体は光からできているんだ。」「君の目も光からできているんだよ。星たちが君の目をつくったから、星たちを見ることができるんだ。」
 インドの思考は垂直の空に向かい、中国思考は現実の水平となり、この垂直と水平思考を調和させてのが薬師寺東塔の「凍れる音楽」の日本文化となるが、「瞑想の音楽」と表現したほうがより相応しいかと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/719

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年6月 5日 04:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「 魂の燃焼へ」です。

次の記事は「新中華連邦国家」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。