新中華連邦国家

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0592.jpeg 1週間前のニュースが古い情報になってしまう日替わり中国情勢に翻弄されて、今日のニュースを整理するだけで時間が過ぎてしまう。
 香港問題「一国二制度」消滅、海外華人による「新中華連邦国家」宣言、台湾の親中派とされた韓国瑜高雄市長がリコールで失職ニュースと激動しています。
 私の持論も中国を5軍区地区に分割統治する中華連邦制です。隣国が今のような覇権大国になるのは世界の脅威でして、連邦制にすれば21世紀は中華の時代になると思っていましたが、習近平独裁に中国の夢を壊されました。
 台湾ですが、私の後輩にもなる韓国瑜高雄市長が失職。かつてマスコミの寵児となり、あれほどの奇跡の旋風を起こしながら、総統選に破れてそのままリコールでした。人は得意絶頂の時にこそ一段と心を引き締めるべきですが、奇跡の旋風で舞い上がってしまった。
 2018年12月28日のブログに書きましたが、私が卒業した研究所の50周年記念の宴会時に、韓新市長もマスコミのカメラに追われながら参加しました。この研究所はかつて反共の最前線でしたが、いつの間にか親中の最前線に様変わりしており、中共の浸透工作がここまで台湾に食い込んでいた事に唖然としました。そんな雰囲気の中で高雄新市長の誕生と失職、今日の台湾を象徴する出来事でした。
 同時に中国も「連邦民主国家」にならねば、習近平も近く失職することでしょう。習近平の暴走を阻止せぬと中国までも滅びてしまう。これも日替わりメニューになるかな、、、

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/720

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年6月 7日 09:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「宇宙パワーにアクセス」です。

次の記事は「NY非常事態宣言解除」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。