凡事徹底

| コメント(0) | トラックバック(0)

71+9uLyDz0L.jpeg 執行舟草 VS 横田南嶺対談「風の彼方へ」の第4章にこの対談を呼びかけた鍵山秀三郎イエローハット創業者の名前が出てきましたので、「凡事徹底」―平凡を非凡に努めるーを拝読。
 著書は鍵山氏の定番講演と対談をまとめたもので1994年出版ですが、購入した本は2020年2月第31刷発行でした。数時間で読めてしまうのですが、ずいぶんと息の長い著書です。坂村真民が序のことばを書いています。 
 著書に横帯にあるように「40余年掃除をやり続けるという凡事の積み重ねが今日のイエローハットをつくった」とあり、「掃除をすると人が変わる」と、極めて日本的な経営手法です。経営者は初訪問した会社で、先ずトイレを参観しています。
 グローバルリズムの合理的拝金経営の洪水のなか、しぶとく生き残ってきた商人道が、31刷の出版となって見直しされているのだと思う。
 「一人光る。皆光る。何も彼も光」。
 ついで今日から「大きな努力で、小さな成果を」と、現代経営と真逆な題名の著書を拝読です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/726

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年6月27日 00:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「非常事態解除」です。

次の記事は「爪の垢を煎じて呑む」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。