靖国神社の御霊

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1075.jpeg 護国寺で天風師のお墓参りをすませてから、そのまま靖国神社に直行し参拝しました。数年ぶりの参拝でした。
 お彼岸のこの日、参拝者は少数でしたが、拝殿でみな三密を守って並び厳粛に拝礼していました。
 靖国神社は実際に御霊を前にして合掌しなければ感じられないものがある。参拝の時、日頃つい意識していなかった「日本人」に立ち返らしてくれる原点があります。理屈ではなく新鮮でいい感じでした。
IMG_1076.jpeg 拝殿の左側に立て札に;「新型コロナウイルス、皆の力で打ち克ちましょう。一日も早い終息を心から祈ります」と、ありました。
 参拝の後、大鳥居の右前にある八千代食堂で、「知覧より直送する本物の味。特攻隊の母とされた鳥濱トメさんが特攻隊員のみなさんに振舞った玉子丼」をいただきました。ぶっかけ玉子だけでさしたるご馳走ではないことが、逆に当時の彼らを偲ばせてくれました。
 もし、日本人であることを忘れかけたら、靖国を参拝するといい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/763

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年9月28日 00:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「一切は還元して大霊帰す」です。

次の記事は「暗夜光路」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。