葉隠、覚悟と信念

| コメント(0) | トラックバック(0)

51GsP56xfEL._SX347_BO1,204,203,200_.jpeg このところ大統領選挙後の関連ニュースを追うことで半日が過ぎている。12月14日の討入りまでの歴史的大事件を、目撃者としっかり見定めて行く。
 そんな合間に執行氏に刺激されて「葉隠」を再読。
 若い頃に読んだのより、人生経験を重ねたいま読むと実に面白い。人間関係の叡智に富んだ観察と処世術は、昔も今もさしたる変わりがないことに驚かされる。ここに武士道の「覚悟と信念」、男の美学をよく口述されている。
 そんな口述の中からトランプ大統領にエールを送りたい;
 「武士道とは死に物狂いそのものである。死に物狂いなっている武士は、ただ一人でも、数十人が寄ってたかってもこれを殺すことは難しい」。
 「正気では大仕事ができない。死に物狂いで立ち働くまでだ」。
 「今この時に全てがある。とにかく出端をくじけ。いまを一心不乱に生きよ」となる。
 トランプ大統領の勝利を祈る! USA,USA,USA

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/792

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年12月 6日 06:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「民は無知でも真実を見抜く」です。

次の記事は「鬼滅の青龍刀、ひ弱な日本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。