鬼滅の青龍刀、ひ弱な日本

| コメント(0) | トラックバック(0)

12:6.jpeg 今週末も大統領不正選挙のニュースを見ていた。知れば知るほど闇の深さが露呈される。来週も緊張しながらニュースを追うことになる。
 ユーチューブで大紀元(Epoch Times)が、断トツに光を放っている。私は数十年前から大紀元のニュースを参考にしていたが、まさかここまで闘うとは思っていなかった。やはり信仰に裏付けられた信念は強いものだ。
 それに脱中国した中国人によるサイトの質が極めて高い。彼らはこの闘いの延長線上に打倒中国共産党を置いている。私の持論ですが「中国問題は中国人に任せろ」です。とてもではないがお花畑の暮らす日本人には太刀打ちできない。「鬼滅の青龍刀」です。
 それにしてもアメリカ選挙戦に暗躍する中共の「超限戦」を目の当たりにして、いったい「ひ弱な花の日本」は大丈夫なのかと憂国にまで行きついてしまう。日本もすでに相当にやられているのだが、今からでも遅くない、中共の「超限戦」備える覚悟が必要になってくる。今日のアメリカは明日の日本の事件でもある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/793

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年12月 7日 07:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「葉隠、覚悟と信念」です。

次の記事は「百田尚樹の日本国憲法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。