マスクの下に微笑みを

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_9883.jpeg マスクをしていると眼に注意が行き、人間の眼はなかなか魅力的だと再認識しています。
 ただ決して悪くないのだけど、コロナ禍の冷たい悲壮さが漂います。この冷たさはなぜかなと感じていましたが、知人からいただいた年賀メールに「マスクの下は、皆さま、笑顔でいられますように」とあり、「そうか!」社会を暗くしているのは「これだ」と合点が行きました。そう、街から笑いが消えたのです。そしてマスクの上の眼は、辺りを警戒する笑わぬ眼差しでした。
 「笑顔を失うと、命の資本ともいうべき健康もみるみる破壊されますし、また、運命とて同様に、とかくはばまれがちとなってしまうんですよ」「そして、笑いというものは、苦しみや悩みに疲れる心や体を、ほどよくこれをもって調和せるということで、人間にだけ与えられた特別のものに他ならないんですよ」(天風)
 東日本大震災の時に、復興の兆しとして先ず「口紅」が売れ始めました。ところが今回の中共ウイルス禍では「口紅」が売れていません。
 マスクで唇が被われるので口紅は不要で、それにマスクが汚れるのが理由らしい。お化粧は「秘するが花」、口紅をぬろう!さすればマスクを取った瞬時に眩しい微笑みが浮かぶ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/804

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2021年1月 3日 10:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「謹賀新年」です。

次の記事は「いざDCへ!1月6日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。