一流の頭脳

| コメント(0) | トラックバック(0)

51Mhs7TRIRL._SX339_BO1,204,203,200_.jpeg アンデシュハンセン著「スマホ脳」についで「一流の頭脳」を読んでしまった。重要箇所が太字で書いてあるので、ハイスピードで読了。この太字だけでもお勧め本です。
 眼から鱗の実に面白い内容で、全章にわたり「とにかく運動」としか書いていない。終章も「ただちにこの本を閉じて」運動しようでした。
 「私たち自身のためにできる何より大切なことは身体を動かすことがという事実を、現代の神経学科(脳科学者)が教えてくれたからだ」、「運動が脳にもたらす恩恵は、私たちの想像をはるかに超えるほど大きいからだ」。
 有酸素運動を中心に、散歩でもいい、ランニングでもいい、1歩でも脳のためになる。これが、いやこれこそが、私が長い間いかにスマホに対応すべきかと考え続けた「スマホ脳」対策にもなると信じる。真実は常にシンプルです。
 人間の脳は身体を動かすことを望んでいる。「人間が人間らしくある時にのみ、人間の恵まれる幸福を受け得る(天風)」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/867

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2021年6月 4日 01:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「私のビジネスバック」です。

次の記事は「武漢生物兵器漏れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。