天風師の愛

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_6800.jpeg 2月20日に私の著書「天風式ヨーガと瞑想のすすめ」が、幻冬舎から出版になりました。
 この日は先ず新刊書を持って上野恩賜公園に行き、天風師が辻説法をはじめた石台に挨拶し、早咲き桜の花びらを添えました。
 その足で護国寺の天風師の墓前に新刊書の報告をし、天風会本部に数冊お届けしてきました。
IMG_6812.jpeg 著書の中に空海弘法大師と天風師のことを書きながら、護国寺門前と天風会館の間に建つ「弘法大師霊場」の因縁にまで言及しなかったことを残念に思ったしだいです。
 さらに久しぶりに天風ギャラリーを参観すると、最初に目に入るのが「愛」の書でした。天風師の究極は「愛」を基盤としていました。これは私が原稿を書き終える頃に気がつきながら書き及ばなかったことで、その天風師の偉大なる愛、絶対愛、不偏愛の「愛」の書が冒頭に掛けられていました。天風哲理は愛そのものなのです。
 早くも出版の初日に二つのことに言及しなかったことを教えられる始末でした。しかたなく天風師の愛については今後の課題にしました。

IMG_6814.jpeg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/379

コメントする

この記事について

このページは、三休が2018年3月 2日 04:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「上野公園の樹下石台」です。

次の記事は「中村天風 一日一話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。