浩宮御誕生記念碑

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7561.jpeg 何度か本エッセーにも書きましたが、昭和天皇と天風師のご縁は、大正時代の皇太子の時からはじまり、昭和を通してつながっていました。
 これもまたご縁ですが、天風師が上野恩賜公園の樹下石上で辻説法を始めたパワースポットのはす向かいに、昭和35年2月23日「浩宮御誕生記念」のつつじ植栽の碑が建てられています。皇太子親王の誕生を記念して寛永寺清水観音堂の下につつじ1万株を植栽しました。この植栽記念碑の前が「しのぶ川」の水飲み場になっています。
 2019年の春に今上天皇が退位され、浩宮新天皇が即位なさり元号が代わり、秋に即位の礼、大嘗祭が執り行われます。その中間に天風師の100周年記念式典がこの地で(たぶん)行われます。春に桜、継いでつつじ、青葉のしげる樹下石上、来年の桜通りはお芽出たい通りになります。
 上野恩賜公園に来られた折に、散策してみてください。
IMG_7562.jpeg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/428

コメントする

この記事について

このページは、三休が2018年7月 4日 00:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「安定打坐考抄」現代語訳」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。