甦えりの誦句

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0075.jpeg「甦えりの誦句」

私は今、力と勇気と信念とをもって甦えり、
新しき元気をもって、正しい人間としての本領の発揮と、
その本分の実践に向かわんとするのである。
私はまた、吾が日々の仕事に、溢るる熱誠をもって赴く。
私はまた、喜びと感謝に満たされて進み行かん。
一切の希望、一切の目的は、厳粛に正しいものをもって
標準として定めよう。
そして、つねに明るく朗らかに統一道を実践し、
ひたむきに、人の世のために役立つ自己を完成することに
努力しよう。

「天風瞑想録」と「運命を開く」(講談社版)との、違いは各講演録の後に天風師の直筆の有無です。実はこれがオリジナルの証でして、なんとも言えぬ味わいがあります。
 しかも、この誦句は朝礼のときに天風師が、会員に向かって直々に誦句し、その声の響きだけで身が引き締まります。
 ただ、会員に向かっての誦句ですから、冒頭は「吾(われら)は今」となっています。これを「運命を拓く」は「我は今」と改めています。私は「我は今」の方がスッキリしますが、「私の天風誦句集」ですので「私は今」としました。同時に以後の誦句もすべて「私は」の一人称に統一しました。その方が誦句がより身近に響いてきます。
 「私は今、力と勇気と信念とを持って甦り」と、「誓いの言葉」の「力と勇気と信念」が、天風哲理の合言葉として繰り返されています。そして「新しき元気を持って」と続きます。
 今日一日を、新しき元気をもって甦りします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/657

コメントする

この記事について

このページは、三休が2020年2月 1日 01:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「私の天風誦句集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。