プラナヤマ法の誦句

| コメント(0) | トラックバック(0)

 プラナヤマ法の誦句
 (活力吸収法)

 神韻縹渺たる大宇宙の精気の中には、
 我ら人間の生命エネルギーを力づける、活力なるものが、
 くまなく遍満存在している。
 今私は、プラナヤマ法と称する特殊な密法を行い、
 この活力を、五臓六腑はもちろん、四肢の末端に至まで、
 深甚たる感謝をもって有り難く美味しく吸収しよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 最近になり、クンバハカ法、養動法、安定打坐法と並んで、プラナヤマ法の大切さを再認識しています。
 健康法にいくつもの呼吸法がありますが、その中でもクンバハカ法を組み入れたプラナヤマ法は、宇宙にくまなく遍満存在する大自然のエネルギーを、観念を用いて全身に取り込むすぐれた呼吸法になっています。
 『天風誦句集』に「活力吸収(プラナヤマ)法の誦句」が記載されているのに、講談社の改訂版「運命を拓く」にこの誦句が抜け落ちています。呼吸法は誦句だけに留まらず、心体を使った運動法だからと思いますが誠に惜しい。とても大切な誦句ですので解説を加えました。 
 天風師はヨーガの里でクンバハカを会得した後、カリアッパ師の指導で、それと平行したヨーガで称する「プラーナーヤーマ」の呼吸法を体得して生命の甦りを果たしました。
 その後、生命の甦りした効能を探究し、徹底的に噛み砕いて日本化したのですが、クンバハカとプラナヤマの名称はそのまま残しています。誦句でも「活力吸収法」の横にカタカナで「プラナヤマ」とルビを付けています。
 プラナヤマ法は、大地にしっかりと立ち足の裏から生命エネルギーを、全身に満たすようにすくいあげて一瞬だけ絶対クンバハカで息を止めます。そのあとウン〜といきみ加減して息を吐き出しながら体内の不浄を全部排出させ、体内を浄化させる全身呼吸です。
 方法は、大地に毅然と立ち「プラナヤマ法の誦句」を唱えたあと;
 まず息を吐く。吐いて、吐いて吐き切ったら、グッと絶対クンバハカを決めて、足の裏から生命エネルギーを全身に充満するようにして口から息を吸い上げ、そこでまた絶対クンバハカ決めて一瞬だけ息を止めます。そしてクンバハカ体勢のまま下腹に意識を集中させ、鼻からウ〜ンといきみながら吐き出し体内60兆の細胞にバイブレーションを与え、体内に残留する不浄をすべて排出して活性化させる法です。
 この呼吸法をクンバハカの体勢で、眉間に意識を集中し、細く長く深く十秒ほどの完全呼吸で2回繰り返して心身を活性化させます。深呼吸のときに眉間に意識を集中させることから「眉間プラナヤマ法」とも称しています。
 天風哲人は「眉間は命の窓」といってよいほど大切な所で、宇宙にくまなく存在する生命ネネルギーは主に眉間から入って、松果体を経由して全神経の原動力として配分されると説明しています。
 眉間から導入した宇宙の活力が、松果体ホルモンのメラトニンの分泌を促進し、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促して疲労を回復し、病気や老化を予防する働きがあると言われています。

 補記としてですが:
 1)誦句集では「深甚なる感謝をもって思う存分吸収しよう」になってますが、戸外訓練の時に天風師が即行で唱えた、「深甚たる感謝をもって有り難く美味しく吸収しよう。」の「有り難く美味しく」を採用しています。
 2)誦句集のなかでここで初めて「我」や「吾」でなく「私」がでてきます。これ以後の誦句は「私」で統一した所以です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/672

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2020年3月 1日 02:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「甦えりの誦句」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。