恐怖への戒め

| コメント(0) | トラックバック(0)

 恐怖観念撃退の誦句

 人の心霊が、宇宙の神霊と一致する時、人の生命の力は驚嘆に値する強さを持つに至る。
 しかもこの尊厳なる宇宙の神霊と一体化するには、まず第一に必要なことは、心の安定を失うてはならぬことである。
 そして心の安定を失うことの中で、一番戒むべきものは恐怖観念である。そもこの恐怖なるものこそは、価値なき消極的の考え方で描いているシミだらけな醜い一つの絵のようなものだ。否、寸法違いで書いた設計である。
 かるが故に、今日からの私は断然私の背後に、私を守り給う、宇宙霊の力のあることを信じて、何事をも怖れまい。
 否、人が常にかくあることを心がくるならば、必然、人生に恐怖に値いする無くなるからである。
 故に健康はもちろん、運命のはばまりし時といえども、本当に私は私の背後に、私を守り給う宇宙霊の力のあることを信じて、何事をも怖れまい。

―――――――――――――――――――――――――――――― 
 誦句の導入に『人の「心霊」が、宇宙の「神霊」と一致する時』と対韻になり洒落ています。
 この誦句に「私は断然私の背後に、私を守り給う、宇宙霊の力のあることを信じて、何事をも怖れまい」と、2度繰り返されています。私が「なにかあるのが人生」で、なにかににつけて一番お世話になっている守護霊の誦句です。
 「生命の背後には、見えないけれども、自分を抱きしめる用意、自分と共に在るんだ!我は宇宙霊と共にいる!」。
 私が天風哲理は限りなく信仰に近づているとするところです。私はこれまでこの「恐怖観念撃退の誦句」と「言葉の誦句」ともに常々お世話になています。
 「恐怖観念撃退の誦句」は、天風瞑想録の小冊中で16ページという2番目に短いもですが、最も具体的かつ実践的に役に立つ強い味方になっています。
 小冊にある「!!」の箇所を抜粋しておきます;
「己れを守るものは、己れだ!!」「自分の尊い生命を守ってくれる心の王座には、断然、恐怖というような悪魔は入れないのだ!!」
 だから何かの恐怖観念が出たなら、クンバハカ一番、「私は断然私の背後に、私を守り給う、宇宙霊の力のあることを信じて、何事をも怖れまい」と、吹き消してしまいなさい!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/813

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2021年2月 1日 00:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「」です。

次の記事は「勇気と不幸福撃退」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。