03. 三つの積極化法

TP17.jpg

(晴れてよし 曇りてもよし 富士の山)


 三つの積極化法

 天風哲理で最も重要なことは、心の積極化です。
 何事に対しても常に心の態度を「積極一貫」で活きて行くということです。心の持ち方を「晴れてよし 曇りてもよし 富士の山」で、たとえ何事があっても常に積極心をもって自分の心を守って行くことです。心を積極化するのに限度がなく、本サイトでも「積極(せきぎょく)」の語彙がたくさんでてきます。
 世の中には積極的な人と消極的な人がいます。これは生まれ持った性格というよりも、生まれてからこれまでに育ってきた生活環境が大きく作用しています。実在意識が生活環境を通して感受してきた記憶が潜在意識に刷り込みされて形成されてきます。そして、実在意識の感受性と潜在意識の反応性によって積極的なプラス思考の人と消極的なマイナス思考の人に分かれて行きます。

 ですから積極的なプラス思考にするためには、実在意識の感受性と潜在意識の反応性の働きを、常に積極の方向へ向かわせる必要があります。常に心の態度を積極的に堅持するように努めることが重要になってきます。
 心の態度はその人の運命、幸福や健康に、大きな影響を与えます。心が積極的なら運命も、幸福も、健康も、よりよいものになっていきます。積極心は幸福で豊かな人生を築いて行くうえで一番大切な礎になります。家を建てる時の土台と同じです。
 しかし、残念なことに多くの人は長い間にわたり消極的な思考に慣れ親しんでしまい心を積極化させる大切さに気がついていません。かりに気がついたとしても心を積極化させる方法を知りません。潜在意識の重要さを理解していても活用方法を知りません。実在意識も潜在意識も積極化させる "How to do" さえ習得すれば更改できるものなのです。

 思考は先ず実在意識の感受性から発し、その情報を潜在意識へ伝達します。潜在意識の感応性がそれを受けて記憶の倉庫から関連情報をとり出して再整理し、新しい情報と累積されている情報を織り交ぜてた再加工情報を、実在意識へ送り返すことで心の態度が決定されてきます。
 したがって実在意識を積極化させるには、実在意識からプラスの積極暗示を潜在意識へ送り込み、潜在意識を実在意識と同位同化させて行くことが大切になります。
 天風哲理は心理学から分析した深い洞察をもとにして、最も効果的な心の積極化方法を教示しています。それらをこれから三巻で詳しく説明してゆきます;

(1)「地の巻」、クンバハカ法。
(2)「水の巻」、実在意識の積極化法。
(3)「風の巻」、潜在意識の積極化法、
    と三巻がセットになっています。  

 幸福で心豊なより価値高い人生を再構築させるには、まず三巻の方法を真剣に実行し、心の態度を積極化せしめることです。
 それでは「天風の五輪」書に入ることにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/18

コメントする