01. 天風哲理とは?

夏の富士.jpeg

 天風哲理とは?

 天風哲理とは?
 A:このような大きな質問には、大きく答えておきます。
 天風哲理は生命(いのち)を探求しています。

 生命をどのように探求しているのですか?
 A: 原理を捉えて行くのが哲学であり、天風哲理は生命の原理を捉えて行きます。

 生命の原理とは?
 A: 生命には自然の法則があります、その法則に基ずいて生命の原理を理論化させたものです。
 
そしてそれを理論だけにとどまることなく、"How to do" のマニュアルに体系化させました。

 では、その How to do のマニュアルの説明をお願いします?
 A: 生命が現象の世界で活きて行くのには心身をどうすべきかになります。
 天風哲理は肉体方面に関する対策法に十分な力点を置いて実践しています。
 「養動法、呼吸法、統一式運動法、積極体操、アサナ法、一人マッサージ」などがあります。
 同時に体を動かす神経系統は、心からの指令ですから、手足を動かす運動神経、五感機能を動かす感覚神経、呼吸や内蔵神経を動かす「自律神経」を重視して、心の問題に力点を置いています。
 
 心の方面のマニュアルの説明をお願いします?
 A: 心の対策として、先ず何を置いてもやらねばならないことは、心を積極化させるということです。
 その方法としては3つのグループになっています。
 第一グループ;
 1、顕在意識を積極化させるために、「積極精神養成法」<内省の検討><暗示の分析><対人積極態度><取越し苦労の厳禁><正義の実行>、6項目を通し積極本位に活きる。
 2、潜在意識を積極化させるために、「観念要素の更改法」自己暗示法として<連想暗示法>と、鏡を応用した<命令暗示法><断定暗示法>の3項目を実践。さらに、他面暗示法として外界から積極的なもののみ受け入れる習性を養成。
 3、感情の対策として、「感情の明朗化法」<怒らず、怖れず、悲しまず><正直、親切、愉快に>、三勿三行を実践し、不平不満を言わず感謝本位で活きる。

 第二グループ:

 精神の安定と統一をはかる「安定打坐法」を実践し、雑念妄念を取り払い無心の境地への努力です。

 第三グループ:

 心を効率的に使うための「心の使い方法」、分散と執着から集中的に心を使うための訓練と実習。
 以上となっています。
 これらを実践して行きますと生命の持てる心の力が相当に発揮されてきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/27

コメントする