IMG_7671.jpg 4月5日(アメリカ時間、午前10時23分)、私が住んでいたニュージアジー州を震源とする、M4.8の地震が発生。140年ぶりという。
 4月8日、アメリカ東部で99年ぶりに皆既日食、次回は20年後という。
 これって台湾の花蓮地震を含め、太陽と月と地球が一直線に並ぶ事と関連がないのか、次回は20年後というが、やはりマークしておいたよいかも知れない。
 これとは関係ないのだが、10日、11日と、俄かにマクドナルドの朝食を食べたくなり2日間続けて行って来ました。アメリカにいた時は、週に1回ほど行ってましたが、やはりMacの朝食は美味しく、かつ懐かしいかったです。
 ここにもアルバイト、パートの求人広告がかけてありました。ただ募集内容が他社と違っていまして、「1分単位の計算システムで給与を支給!!」ありました。
 通りでアルバイト生が店に入るやいなやコンピューターに自分の時間をインプットしていたわけです。さすが世界NO.1のMacシステムです。

IMG_7622.jpg 4月7日、上野公園の桜が満開。今年はおりよく入学シーズンの満開となった。
 たくさんの花見客で賑わう人波のなかで桜狩りして来ました。
 満開の木の下で花見客がシーツの上に座りこんで花見酒。花よりお酒、久しぶりに元気な日本を見させてもらいました。いいものですね〜
IMG_7601.jpg一昔前ですが、東京から大阪までの新幹線に乗った時、興味本位で両側の車窓の景色から桜が切れるかを数えたことがありました。切れたのは確か5回くらいでした。
 それほど桜は日本の風景に定着していました。
 まさに人生いたるところに国花ありです。

観桜会

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7590.jpg 今日は世界遺産の富岡製糸場に「観桜会」があり出かけて来ました。
 大きな古木の桜が3本ありましたが、まだ満開にならず色も映えず疲れた感じでした。桜まで世界遺産にしなくもいいわけで、匠な庭師による手入れが必要のようです。
 ついでに数10年ぶり(帰国してはじめて)冨岡の街を散策して来ました。街全体が世界遺産のようですが、それでも皆さんが町おこしに頑張っていました。
 帰りに鰻重を食べようと2軒回ったが、いずれも予約客オンリーで断られ、しまいにインド料理のランチとなり、ここでもすっかり異邦人。

スマホの威力

| コメント(0) | トラックバック(0)

 台湾の地震発生直後に友人にお見舞いメールをしました。
 すると石垣島の友人から直ぐに「ありがとうございます。今、職場を閉鎖して高台に避難しています」と消息が来ました。
 台北の友人からは「地下鉄のエスカレータ降下中に1回目の大きな揺れが来て地下鉄が止まってしまい徒歩で帰宅。その間、体感余震8回ですが、無事です」。
 また他の友人から「22日に東京に来ていて、いま空港に向かっていて台北に帰ります。家族に電話したらみな無事です。棚からたくさん物が落ちたそうです」
 心配した標高1600の山荘に住む友人から「感恩、家族みな無事です」とありました。
 それに被災者がスマホで地震の状況を撮った画像が、ユーチューブを通じて伝えてくれ、同時に台湾の人たちの強靱さを伝えていました。 台湾加油 !

地震国台湾

| コメント(0) | トラックバック(0)

501806174983946709.jpg 昨日、台湾に住む日本人の友人が、新北市「老梅石槽」の朝日の写真を送ってくれました。
 美しく撮られましたが、なんとなく雲が不気味な感じでした。いま思うとあれが地震雲なのかも知れない。
 台湾も日本も環太平洋火山帯に位置し、さらに島の西側がフィリピン海プレートとユーラシアプレートの収束により頻繁に地震が発生しています。でもこんな大きい地震は25年ぶりとのこと。
 地政学的に台湾も日本も地震国運命共同体を、宿命として受け入れ共に助け合って行かねばならない。
 お見舞い申し上げます。合掌

感謝、感謝、

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7563.jpg 赤城山麓から降りて4月を始めました。
 行修会が「国立赤城青少年交流の家」という会場でしたので、この日は少年野球チームや小学低学年の女子生徒が300人ほど合宿していました。
 更には、朝と夕に体育館に全員集合があり、子供達に混ざって国旗の掲揚とラジオ体操がありました。 
 我々おじさんやおばさん一行には、初めから場違いのところで浮き上がってしまった。食事もバイキングで子供向けでした。
 にも関わらず我々の行修のモットーは、いまを活きている我に感謝、何事にも「感謝、感謝」で、「不平不満の厳禁」ですので、誰も一言も文句を言わず、いい修行になりました。それにしてもお粗ま、、ボソ、いや感謝、感謝でした。
 習得したのは「信念とは宿願達成の原動力」、「運命を拓く原動力は信念」という事でした。
 それと高村光太郎の「道程」のくだり、
 『歩け、歩け
  どんなものが出て来ても乗り越して歩け
  この光り輝く風景の中に踏み込んでゆけ』
でした。ですから「4月の標語」を、「光り輝く風景の中に踏み込んでゆけ」にしました。
かくして、何事にも感謝、感謝で、4月をはじめました。

チューリップ畑

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7548.jpg 今日は雨のち快晴で気温が23度まで上がり、すっかり春!
 3月は隙風邪が3週間余もグズつき、台湾から持ち帰えった桜前線が、奄美大島に留まってしまい、例年より10日遅れで上野恩賜公園の桜が開花します。お待たせしました。
 私は明日から赤城山麓で「一泊行修会」があるので、3月のブログは今日が締めとなります。
 赤城南面千本桜の開花予想が、4月2日なので私の桜前線の配達が間に合いました。
 もう春ですね〜

天才脳

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7534.jpg 時代の寵児と言われる大谷翔平選手と藤井聡太八冠の脳内を見たくて数冊の書籍を取り寄せてみた。
 我々は彼らを「天才」という安易な言葉でレッテルを貼り、我々とは違うと簡単に済ませています。本によると藤井棋士は400年に1人の天才と言われています。
 これで思い出したのは、産経の台湾特派員の矢板明夫氏に会った時、台湾でAIの天才と言われるオードリータンに会った印象をたずねますと、「オードリーは26世紀の人で、何を話しているのかわからない」と言っていました。つまり天才の脳内は、我々が理解できない飛んでいる人のようです。
 大谷選手の動体脳は比較的に理解しやすいですが、私の知りたかった藤井棋士の脳構造のことがわからない。本に書いてなくどんな脳内なのか興味が尽きない。IQがどれほどなのか知りたいものです。

春分

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7499のコヒ?ー.jpeg 今日は春分の日の出とともに起き日拝。
 天気予報では曇りのち11時まで雨でしたが、幸運にも6時から7時頃まで太陽が出ました。
 写真に撮った朝日の昇る位置が、線路の先端になり予想通りでした。この事が、私にこの家へ帰る決断をした大きな理由でした。
IMG_7498のコヒ?ー.jpeg これから太陽は北へ旅をし、またこの位置に戻ってくると秋分となります。
 真東と我が家と真西の彼岸が一直線に並びます。いいものですね。
 11時からお墓まえりをすませ「おはぎ」を買って仏壇に備えました。

 上の写真は妙義山麓の早咲き「河津桜」。

ゴジラー1.0

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_7472.jpg 昨日は朝6時に起きて高崎に向かい8時25分開演の「ゴジラー1.0」を鑑賞。
 アカデミー受賞で再上映となり、2人の昭和オタクおじさん、4回目と2回目のご祝儀鑑賞に出掛けて来ました。まったく呆れたもんです。
 私は2回目でしてゴジラより脚本と登場人物の巧みな演技により注意が行きました。敗戦後ー1.0の戦中世代への鎮魂物語でして、もうこれだけで十分にストリーになっていました。バージョンー1.0のタイトルもうまいですね。
 これを日本の若者やアメリカの「Z世代」の心情に、どれだけ訴えることができるのかわかりませんが、単なるゴジラで終わらせたくないものです。
 私は脚の痺れも知らず映画に夢中になってしまい、開演後に歩けなくなってしまい階段に座り込んでしまい、ゴジラに踏みつけられてしまった。

月別 アーカイブ