真理瞑想、付録

| コメント(0) | トラックバック(0)

 6月のサイトに杉山元会長の真理瞑想を、第6部「創造的人生」として掲載しました。8月は真理瞑想の付録として書き留めてあったフレーズや落ちを記載しました。
 これで私が書き起こした杉山瞑想録テープの全部となります;

「我が生命は大宇宙の生命と繋がっている」
「活きて 活きて 活きて ひたむきに活きて 生き抜く」
「吉野山 ころんでもまた 花のなか」
「時は命なり」
「大宇宙は結合と建設、分解と還元を繰り返し、繰り返し、そして絶対の生を貫く」
「私は宇宙霊と一体である」
「同行二人」
「自分自身に対する言葉、他人に対する言葉、宇宙霊に対する言葉、すベてに積極一貫」
「口害を振りまくな」
「30、40鼻たれ小僧、50、60花ならつぼみ、70、80働き盛り、90を過ぎて迎えが来たら、100まで待てと追い返せ」
「楠千年ふたたび今日の若葉かな」
「天風会は宗教ではないが、宗教的な焼きつくような信念を教えています」
「修行は信念を創るため」
「天風会は本体論から入ります。そのまま本人が強いのだとの断定から入りますから、スカットしていて極めて爽快で天風先生的ですね。現象界から入りますと、現象界がどうにもならないから、神仏を設定してそれに頼ることになりますから、どうしても他力本願となってしまいますね」
「何かあるのが人生だ、何もなくないよ、嵐のあるのも人生です。天風会は新興宗教でないから、拝めば荒らしが避けてゆくなど決して言わない」
「10円投げ入れて、無病息災、商売繁盛、家内安全を祈願したら、1願3円30戦ではないか、そんな虫のいい話はないよ。それを受け入れたら神仏は受託収賄になってしまう。こんな神仏を冒涜した話もないね」
「大自然から与えられたものはネイチャーであり、それをいかに引き出して創造するかがカルチャーであります。このネイチャーとカルチャーを、一体化したところに心身統一法が堂々として展開される」
「できます やります 頑張ります」vs「いやです だめです 出来ません」
「飲みたい、食いたいは動物心、理性心の行き詰まり、その理性をうまく統御するのが霊性心」
「超常現象のテレパシー、透視、念力、予知能力は誰にでもある。それには出来るという信念、心の積極化、安定打坐の開発訓練が必要である」「たとえ骨が砂利石の如く砕けても、肉がなますの如く飛び散っても、けして弱音を吐くまいぞ。常に心というものは菊水の御旗を潮風になびかせる如くに常に颯爽たれ!」
「お金をかけなければ幸福になれない人は、いつまでもお幸せになれない。幸福とは感じるものである」
「箱根山 籠に乗る人 かつぐ人 してまた草鞋をつくる人」
「晴れてよし 曇りてよし 富士の山」
「悟れたと思った時が迷いなり」

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tempu-online.com/mt/mt-tb.cgi/1036

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、三休が2022年8月 1日 00:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「吾等の誓」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。